• 江戸寺Jazz Instagram
  • 江戸寺Jazz Twitter
  • 江戸寺Jazz Facebook
江戸ジャズロゴoutline.png

EDO TERAJAZZ

2020年江戸寺Jazz、ONLINE配信

​期間限定でアーカイブをご覧いただけます

​江戸寺Jazz×CHIKO

11.28 sat.    18:00~19:15

場所:UPEPO(ウペポ)

主催:江戸寺ジャズ実行委員会

 
 

アーティスト

Artist

チコ CHIKO

演奏ジャンル:ジャズ、ソウルなど

父はアフリカ、コンゴ民主共和国出身のミュージシャンのB.Bモフラン、母は富山県魚津市出身の人形作家、松本昌子。父の母国であるコンゴ民主共和国に伝わる民謡などをベースにした アフリカ音楽を中心に、ジャズ、ソウルなどのピアノの弾き語りで音楽活動をはじめる。 富山県内はもちろんのこと、県外でもコンサート活動を行い、テレビ、ラジオ、CMなど彼女のパワフルな 歌声は多くの人々を魅了し続けている。 また歌手活動以外にも富山とアフリカとの架け橋になりたいと、国際交流イベントなど積極的に活動している。 

共演アーティスト

Co-performer

廣井 謙次(Gt)

ギタリスト・ギター講師、ジャズとロックを演奏し幅広いプレイスタイルを持つ。

元Field Of Viewの浅岡雄也の1stアルバム『コトノハ』にギタリストとして参加。

テレビでのギターレッスンやラジオのパーソナリティなども経験し、近年はYouTubeでの発信も精力的。富山のギターメーカー『stilblu』から自身のモデルも発売、東京大阪での楽器フェアでも演奏。セッションやライブで、小沼ようすけ、西山毅、梶原順、藤岡幹大、大村孝佳、井上銘など、幅広いジャンルのミュージシャンとも共演。

2018年公開の地域映画『まちむすび』の音楽を製作するなど、作詞作曲編曲も行う。

現在も様々なミュージシャンのサポートやライブ演奏を毎年100本以上行う。

レコーディング活動、音楽教室講師を務めるなど幅広く活躍している。

ヤマダ ベン(Perc)

富山市出身。高校時代にドラムを始め、後にアローナ・ニジャエ・ローズにアフリカンドラムの手ほどきを受け、本格的にパーカッションに転向。

その活動は邦楽やフラメンコ、コンテンポラリーと多岐に渡り、人形劇、朗読会等他分野とのコラボレーションにおいても表現の場を広げている。現在、じぶこん、ジュスカグランペール、大島圭太、CHIKO等とのライブやレコーディングに参加している。

 

​ウペポ

UPEPO​

​今回江戸寺Jazzの舞台となるUPEPO(ウペポ)は、歌手のCHIKO氏と​母親である人形作家の松本昌子氏が2人で作ったギャラリー&ライブスペースです。UPEPOは、ケニアの公用語のスワヒリ語で“風”という意味を表します。

実はこのスペースは2人が以前住んでいた古い民家を手作業で改装して作られました。

おふたりが生み出す古いものを大切にしながら新しい風を吹かせる世界観を感じていただけたらと思います。

 

​声明

Shomyo

天台声明とは?

法要儀式の際、経文や真言に旋律抑揚をつけて唱える仏教声楽曲です。

伝教大師最澄が中国(唐)に渡り天台の教えを伝えたおりに、声明も伝えられましたがこれを、体系的に伝えたのは慈覚大師円仁です。その後、良忍により京都大原に声明の道場(魚山 ぎょざん)が開かれ、ここを中心に天台声明は伝承されてきました。

 

視聴方法

Viewing guide

2020年11月28日18:00 江戸寺Jazz公式サイトにて
「江戸寺Jazz×CHIKO」
ライブ配信開始!お楽しみに♪